So-net無料ブログ作成

館山で【サンドスキー】ができるらしい件 [レジャー]

1年くらい前にテレビでやっていた南房総・館山特集を見てからずっと気になっているものがあります。

【サンドスキー】です。

サンドスキーとは、平たく言うと砂山滑りのことです。

なかなかのスピード感とスリルのある滑りが楽しめる
巨大な砂山が館山にあるらしいです。

砂の傾斜をソリとかダンボールで滑るのはもちろん、
レンタルボードでスノボみたいな滑りとかも体験できるみたいな。

入場料とかないので、レンタルしなきゃ、ダンボールさえ持っていけばタダで遊べます!

スノボ好きの私はサンドスキー用のボードも乗ってみたいなー
と、自信満々なわけですが、まだ一度も砂山に行ったことがないので、ちと場所とか調べてみました。

ちなみに、大きな砂山って
日本では砂丘くらいしか聞いたこのがなくて、
砂丘とか砂漠とか行ったことない人は砂の景色ってあまりみたことないんじゃないんでしょうか。

ただの砂の山って思うかもしれませんが、
砂の山って意外と絶景というか初めて見ると驚きます。


私は一度、オーストラリアに行った時にモートン島というところでサンドスキーをしたことがあるのですが、
その時に広大な砂の景色を初めてみました。

第一印象は、「さ、砂漠だ、、、」っていう、
見渡す限り「砂」と「死にそうな木」しかないって、
世界の終わりを見たみたいな
恐怖感というか、絶望感というか、衝撃というか、ドキドキがありました。

館山の砂山も広々していて、周りは木々に囲まれているような感じだったので、
似たような感覚を味わえるかもしれません!

これは、楽しみだ!

しかも、館山の砂山は砂を登って高いところに行くと海も見えるとの情報もありました。
ここら辺は高い建物とかがないので、きっと海もパノラマビューで見られるんだろうな。

あ、それとこっち側は夕日の絶景が見られるから夕方の景色もやばそうだな。


【砂山】 + 【オーシャンビュー】 + 【夕日】 = 絶景すぎて、えぐーーーー!!!



なんか病的に妄想が広がりました。でも行ったこないので、多分、えぐいです。


さてさて、
問題の砂山の場所は房総フラワーライン沿いの
館山カントリークラブというゴルフ場の裏にあるそうな。

ふむふむ、私の大好きな温泉「千里の風」に行く途中のようだ、いつも通る道です。

そういえば、
ここら辺の房総フラワーラインをずっと走っていると、
海側になんとも不自然な砂の山がずっと道沿いに現れます。
これも不思議な光景です。

「風が強い日には砂吹雪に注意!」とかいう看板もあったっけ。
低い壁になってるみたいに、砂が盛ってあります。

なんでこんなとこに、こんな大量の砂持っていきんだ?砂浜のストックかな?
とか、いつも不思議に思っていて
完全に人工的に持ち込まれた砂だと思っていました、、、

が!!

この度調べてみたら、砂浜の砂が風によって運ばれてできた、
自然なもだというものがわかりました。

すげえな自然の力。。風向きとか地形の影響なんですかねえ。。

そして、噂のサンドスキーができる巨大な砂山も
自然に風が運んできてできたものだっていうんだから驚きです。

ますます行ってみたくなります!

その海側ではない道を挟んだ反対側は、館山カントリークラブの広大な敷地が広がっているのですが、
サンドスキーができる砂山はこの館カンの裏にあるみたいで、どこか入れる道があるみたいですね。

たまに、この辺は路駐してる車がいたりするので、
サンドスキー勢だったのかなあ。

今度通った時は、入口を探してみようっと!

あと、やっぱり、、、
夕日と海とのコラボがどんなものか、、楽しみじゃあ!(〃ω〃)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。